ポケモンのゲームができるまでの歴史が感動的だった【誕生秘話】

ゲームコラム
©SHOGAKUKAN 2018
この記事は約3分で読めます。

これは小学館の漫画なんだけど、

めちゃくちゃ面白かった!

電車の中で感動して泣きそうになってしまったwww

ポケモンが誕生するまでの話。

ポケモンの制作現場は超大変な危機が何度もあって、

クリエイターたちのものすごい努力の結晶によって作り上げることができた

ゲームクリエイターはもちろん、

ポケモンの大好きな大人、子供に超おすすめ!

ちなみに、ポケモンの主人公はサトシだけど、

それは田尻智(たじり さとし)から来ているんだね!

内容

田尻智さんの子供の頃から、ポケモンをリリースするまでの話。

ポケモンの制作をしている20代の話がメイン。

どうやってポケットモンスターというアイディアが浮かんだのか

どうやって仲間たちと一緒にポケモンを作り上げていったのか

制作していく中で、数々の困難にぶち上がるんだけど、

それを乗り越えていくのがすごくかっこいいんだ。

私は電車の中で感動をこらえていた!!

漫画だからより分かりやすくて、

さらさら〜〜〜っと読めてしまった!

ポケットモンスターが生まれるまでの数々の困難

ゲームを出すには、任天堂と契約しなければいけない

契約には、相当な資金が必要

ポケモンは、20代の若者たち数人で作られてる

もちろん、お金なんて無い。

高額な機材の調達

資金の調達

が必要。

でも、調達するんだよ。

もう、、、

まじやべーよ、、、

って思ったwww

しかし、こっからヤバイ困難の連続。

製作中、お金は底づきそうになるし、

3人しかいないプログラマーが全員辞めるしwww

他にもまだまだ困難がたくさん><

でも、

ちゃんと全部乗り越えてるんだよ!!!

6年もの月日を経て、やっとポケモンは完成する!

本当にすごいと思った。

子供は遊びまくるのが大事!

これは、ポケモンの制作秘話の話なんだけど、

物語の中で、子供の頃に思いっきり遊ぶことが大事っていうメッセージが込められている。

ポケモンのアイディアの誕生、それは、

ポケモンの生みの親、田尻智の子供の頃の経験から来ているから。

智さんは、子供の頃、昆虫採集に夢中だったそう。

その体験こそがポケットモンスターの原点!

任天堂の代表取締役の宮本茂さんはこう言っている

「天気のいい日は、外で遊んだほうがいいですよ」と昔から伝えています。
(中略)
ゲームだけに熱中し、早くからゲームクリエイターになるための英才教育を受けたとしても、『ポケットモンスター』のようなゲームは生み出せないからです。

スティーブ・ジョブズもこう言ってる

何が将来に役立つかはそのときはわかりません。いまを懸命に生きて、後から振り返ってはじめて点を結ぶことができるのです。

出典:スタンフォード大学卒業式講演

だからこそ、

子供の頃に遊びまくるのって、将来の可能性を広げるんだよね!

子供って、自分の大好きなことにまっすぐに夢中になってやりまくるじゃん

大人になると、ブレーキしちゃったり、わくわくの感情が鈍くなったりするんだよね

子供の頃から、夢中になれることをとことん追求するのが大事!

まとめ

小学生向けの漫画だから、1〜2時間くらいでさらっと読める!

子供にも超おすすめ!!

タイトルとURLをコピーしました