神ゲー【アンリアルライフ】クリア後感想レビューネタバレあり&なし

ゲームレビュー
この記事は約5分で読めます。
べる
べる

こんにちは、べる(@BellMemoBlog)です^^

ストーリーの評判がものすごく良いアンリアルライフをやってみたら、案の定良かった!

コニー
コニー

架空ペットのコニーです^^

ドット絵のインディーズゲームだ!

賞もたくさん取ってるよね?

べる
べる

文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門で、新人賞

ファミ通クロスレビューでゴールドを取ってるよ!

辛口評価

総評★★★★☆(17点/20点)
ストーリー★★★★☆(4点/5点)
キャラクター★★★★☆(4点/5点)
ゲームシステム★★★★☆(4点/5点)
プレイして良かった感★★★★★(5点/5点)

ストーリー評価基準

★1:つまらない、眠い

★2:自分には合わない

★3:普通に面白い

★4:すごく面白かった!

★5:仕事中も考えちゃって、寝る間も惜しむくらい最高!

キャラクター評価基準

★1:全然良くない

★2:自分は好きじゃない

★3:普通に良い

★4:すごく良いキャラ!好き!

★5:超かっこいい!超かわいい!大大大好きすぎる!惚れた!

ゲームシステム評価基準

★1:つまらない

★2:自分には合わない

★3:普通に良い

★4:最高に良い!

★5:面白すぎてやばい!このシステムがあってこそのゲーム!

プレイして良かった評価基準

★1:買わなければ良かった

★2:自分には合わなかった

★3:ハマりはしないけど、プレイして良かった

★4:ハマったし、プレイして良かった!でも、メルカリで売っても良いかな

★5:最高にハマったし、売らずにずっと残しておきたい作品!

べる
べる

ダークなストーリーで、雰囲気が良い

適度な謎解きのアドベンチャー

面白いのは勿論なんだけど、「すごい面白いゲーム!」というより、「このゲーム、好き!」と言えるゲームだった

作者のオリジナリティが存分に味わえて良かった!

プレイ時間・ボリューム

大体8時間でクリアできるよ

ストーリー

記憶喪失の少女は、道路に倒れていた

そこには、会話ができる信号機がいた

少女は、モノに触れると、その記憶を見ることができる能力を持っている

1つだけ覚えていることがある

脳裏に焼き付く「先生」という存在

少女と信号機は、「先生」を頼りに、記憶を取り戻すべく旅に出る

面白いストーリーと魅力的なキャラクター

べるは、アドベンチャーゲームって眠くなってしまうんだけど、

今作はそんなことはなく、すごく面白かった!

適度にストーリーが進んで、謎解きがあって、うまい具合に組み込まれてたんだよね

少女は、少しずつ記憶を取り戻していくんだけど、

いい思い出ではなく、トラウマのような記憶だったりもする

先生は一体誰なのか

自分は一体誰なのか

ちょっとホラーな雰囲気があるので、極端に苦手な人だけ注意

謎解きだから、これ以上はストーリーに触れられないし、うまく伝えられなくて悔しいけど

とにかくストーリーが良いんだ!

謎解きアドベンチャー

難しすぎない謎解き

攻略は多少見てしまったけど

色々な謎解きがあって面白かった

少女は、モノの記憶を見ることができるから、

モノが持つ過去と今を見比べて進んでいったり

道具を駆使して行ったりするよ

クリア後感想(ネタバレなし)

なぜ記憶を失っていたのか

この世界は何なのか

先生は誰なのか

最初から面白いんだけど、後半になるにつれて、もっと面白くなっていく

実況で見るよりも、絶対自分で遊んだ方が良い

ストーリーはもちろん、謎解きも含めて面白いから

ドット絵も雰囲気もすごく良くて、終えるのがもったいないゲームだった

クリア後感想(ネタバレあり)

ここからは、全エンディングをクリアしたネタバレがあるので、注意!

イケメン。笑

最初、偽物の先生、友達かと思ったら、自分だったんだね!

自分が線路に飛び込んだんだから、先生を巻き込まないでよって

なるほどね

先生が転勤するから自殺するって…ToT

なんていうメンヘラw

可愛い少女だと思ってたけど、相当やばいやつだったw

最後に自分を受け入れて、緊急停止ボタンで止めるってラストは良かったな

現実に戻った後、電車が止まる時間があるなら、

逃げる時間もあるのではないかと突っ込みどころはあったけどw

最後は、平和に終われてよかった^^

ハルも先生になって、生徒たちにこの物語を伝えたって終わり方だったかな

良き良き!

キャラクターたちも可愛かったなぁ

ペンギンさんにエビあげたら、餌付けするなって怒られた(*^^*)

製作者「hako 生活」とインディーズゲームの良さ

インディーズゲームといえば、製作者の色がすごく出てるのが良いよね!!

製作者のhako 生活さんは、数学科か物理学科出身のプログラマーで、

お淑やかな女の子が好きなのかなって思ったりw

このアンリアルライフは、hako 生活さんが4年かけて約一人で作ったものだよ

20代のほぼ半分をアンリアルライフに費やしたそう

企業となると、「稼ぐ」というビジネス色が出てしまったり

お偉いさんの決断で、不明な仕様が入ったりするけど

インディーズだと、製作者の「愛」と「個性」で全てができてるから、本当に面白い

ゲームが面白いというよりも、

アート的な意味合いで、インディーズは好きだったりする

これをプレイして、べるも、もっとクリエイティブになりたいと影響受けたよ

まとめ

インディーズゲーム好きな人や、良いストーリーの作品を求めてる人におすすめしたい

さくっとできるから、時間ない人や、大作ゲーム待機中の人にも良いよねw

暗い話ではあるけど、良かった

またこの人の作品が出たら、やりたいな

以下、公式サイト

アンリアルライフ
キオクを読み取るアドベンチャーゲーム
タイトルとURLをコピーしました