OPUSシリーズ最新作!【OPUS:星歌の響き】ネタバレなし&ありクリア後レビュー

ゲームレビュー
この記事は約4分で読めます。
べる
べる

こんにちは、べる(@BellMemoBlog)です^^

台湾のインディーズゲーム会社が制作した今作、Steamでの評判が「圧倒的に好評」!!

前作はファミ通でプラチナを取得している「OPUS – 魂の架け橋

コニー
コニー

こんにちは、架空ペットのコニーです^^

宇宙を舞台にした世界観が魅力的だった!

ちなみに今回は案件で、記事かけたよ連絡したら、音沙汰なしなんだよね…

あーあ、本音で書こう^^

スポンサーリンク

スペック

プラットフォームSteam
発売日2021年9月1日
ジャンルアドベンチャー
プレイ人数一人
発売SIGONO
開発SIGONO
スポンサーリンク

辛口評価

総評★★☆☆☆(10点/20点)
ストーリー★★★☆☆(3点/5点)
キャラクター★★★☆☆(3点/5点)
ゲームシステム★★★☆☆(3点/5点)
プレイして良かった感★☆☆☆☆(1点/5点)

ストーリー評価基準

★1:うーん…
★2:特に印象に残らなかった
★3:普通に面白い
★4:すごく面白かった!
★5:仕事中も考えちゃって、寝る間も惜しむくらい最高!

キャラクター評価基準

★1:うーん…
★2:特に印象に残らなかった
★3:普通に良い
★4:すごく良いキャラ!好き!
★5:超かっこいい!超かわいい!大大大好きすぎる!惚れた!

ゲームシステム評価基準

★1:うーん…
★2:特に印象に残らなかった
★3:普通に良い
★4:最高に良い!
★5:面白すぎてやばい!このシステムがあってこそのゲーム!

プレイして良かった評価基準

★1:うーん…
★2:特に印象に残らなかった
★3:ハマりはしないけど、プレイして良かった
★4:ハマったし、プレイして良かった!でも、メルカリで売っても良いかな
★5:最高にハマったし、売らずにずっと残しておきたい作品!

べる
べる

宇宙船で星を巡りながら、船のパーツを集めて行き、ストーリーが進んでいくよ

台湾のゲームということで、漢字が凄く多くて、読めないものも多々あったけど、シナリオは良かった!

コニー
コニー

プレイして良かった感に本音ダダ漏れなんだけど!!!

べる
べる

案件だから、最後までクリアせねばという使命感でやってたんだけど…

シナリオベースのゲームだったから、かなり辛かったのが本音

物凄く評判は良いし、ストーリーも良かったとは思うけど、個人的にシナリオゲーはホラーかサスペンスしか読めないので、自分には合わなかった

プレイ時間・ボリューム

約10時間でクリア

ストーリー

「龍脈」を探す少年リバク

「龍脈」を見つけることができる巫女エイダ

リバクは、エイダの力を借りながら、龍脈を探す旅に出る

出会いもあれば、別れもあり、数々の困難が2人に降りかかる

OPUS: 星歌の響き- 予告編 (Official Trailer : 2021夏)

ゲームシステム

宇宙を探索しながら素材を集め

星に降り立って、軽い謎解きをしながらシナリオを進めていくよ

アドベンチャーゲームではあるけど、シナリオの比重が大きめ

宇宙を探索していく

広大な宇宙空間

燃料を気にしながら探索し、素材を集めて船を強化していく

目的の場所に行きたくとも、燃料問題などで直接は行けず、考えながらたどり着くのも楽しかった!

スチルが多め

シナリオゲームにしては、スチルが物凄く多くて豪華だった!

キャラクターの色々な姿を見れて良きだった^^

ほんのり、恋愛要素もあるよ!

前作をプレイしてなくても遊べるか

全く問題ない!

ただ、影響のない程度に前作の要素が出てきたりするので、プレイ済みの人はほっこりするかも^^!

前作のレビューはこちら

台湾インディーゲーム「OPUS 魂の架け橋」クリア後レビュー
ファミ通でプラチナ取得している、台湾のインディーゲーム「OPUS-魂の架け橋」クリア後レビュー。雰囲気とサウンドが凄く良い!疫病で崩壊した世界を歩き回って、ロケットのパーツを集めるゲーム。

「OPUS:星歌の響き」Switch版は出ているのか

現在はSteamのみ

Switch版もいずれ出るのでは?

「OPUS:星歌の響き」のセーブ方法

オートセーブだよ

宇宙探索中とかは頻繁に左上にセーブマークが出る

星に降り立って探索する際は、オートセーブの頻度が少なく感じたよ

ネタバレあり感想

衝撃的な展開が多かった!

カイト、頑張って生きてほしかったなぁ…

かっこよくて好きだった!

ちょくちょく出てくるエイダの過去が掘り下げられていくの好きだった

ラミアのツンデレなキャラも良きだし、凄く可愛いよね

前作「OPUS-魂の架け橋」のヨハンがちょっと出てきたのは嬉しかった^^

フェイと2人仲良く過ごしてそうな未来で良かった!

ほんのり恋愛要素もあって、キュン!

もっと二人の恋模様見たかったなぁ

最後の展開、まさかエイダ一人で行ってしまうなんて…

お師匠にされた「置いてけぼり」という行為を、エイダ自身が大切な2人にしてしまう

自己中心だとは思うけど、それほどまでにお師匠が大事だったのだろう

彼女の気持ちを理解できるほど感情移入はできなかったけど、面白い展開だとは思った

ずっと心にエイダを置いたまま、リバクは老人になってしまった

最後の演出も凄く綺麗だった

一人の時間をお花とともに過ごすエイダ

この時彼女は何を思っていたのか

リバクに会いたい、時に後悔をしながら、亡くなっていったのかなと

まとめ

シナリオベースなので、シナリオゲーが苦手な人や、ゲーム性を求める人には向かないかも

グラフィックが綺麗で、キャラクターもかっこいい&可愛いかったなぁ

宇宙探索でテンポが悪くなる感じが個人的にはあったけど、前作同様、ラストの展開が特に良かった作品!

OPUS: Echo of Starsong on Steam
Echo of Starsong is a Narrative puzzle adventure game. Eda, a girl who can hear mysterious sound waves known as starsong, crosses paths with a young man in sear...
タイトルとURLをコピーしました